IMG_20160819_180251

お久しぶりです。

先日、いよいよ神戸神奈川クリニックでフェイキックICL(IOL)の手術を受けてきました。

この記事では、手術の流れや痛みなど、当日の様子をご紹介します。
フェイキックICLの手術を考えているのであれば、参考にしてくださいね(⌒∇⌒)

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

まずは受付で同意書を提出。そしてすぐに最初の困難が…

当日は受付で、まずは適応検査の時にいただいていた同意書(自宅でサインと捺印が必要)を提出し、三日前から1日4回さしていた目薬を返却しました。
そのあと、白色と緑色のキャップの目薬をいただきました。

IMG_20160819_150901

この目薬は瞳孔を開く目薬と洗浄液らしいのですが、緑色の目薬があり得ないくらいに目に沁みました。
本当に目もあけられない、鼻水だらだらって感じです。

目薬をさしている間に受付に呼ばれて

  • お金の支払い
  • 受付でもらった目薬とは違う「手術後にさす目薬」をもらい、説明を受ける

などをされたのですが、泣きながら聞いてました(笑)

でも大事なお話なので、聞き洩らさないようにしてくださいね。
(まぁ話していただいた内容がまとめられたプリントはもらえるので、仮に聞き漏らしても紙を見直せば大丈夫ですが)

そして乱視の場合は、目に直接ペンで印をつけられる?

http://urx3.nu/xRgJ
http://urx3.nu/xRgJ

受付で話を聞いた後、再び目薬を差しながら待機。
しばらくすると名前を呼ばれて、いよいよ手術…というわけではなくて、乱視の場合は事前に仕込みが必要みたいです。

なんでも、乱視の場合は角度をつけてレンズを入れる必要があるらしく、その参考に目にペンで印をつけて、撮影する必要があるとのこと。

(ヒョエ~、目に直接!?)と思ったのですが、

  • 痛みを感じなくなる、点眼麻酔をさしてもらえる
  • ペンの先は優しいフェルト

ということで、「全く痛くないですよ~^^」とお兄さんに言っていただけました。

事実、ペンで印をつけられても全く痛みは感じませんでした(触られている感じはあります)。
このとき、(あぁ、点眼麻酔すごいな。これなら、手術もいたくないかも…)と、安心したのを覚えています。

そのあと、手術待合室に呼ばれて…

目の印を撮影した後も、待合室で何回か目薬をさしていました。
するといよいよ名前を呼ばれて、手術室前の待合室へ。

ここでは靴を脱いでスリッパに履き替え、目薬以外の手荷物を鍵付きロッカーに入れます(眼鏡も外す)。
そして白衣のようなものを着て、髪の毛が落ちないように帽子のようなものかぶり、再び待機。

 

ちなみにですが、この時もまだ初めに受付でもらった目薬をさす必要があるのですが…。
すでに眼鏡をはずしていますし、壁にかけてある時計も見えないので、時間が全く分かりませんでした。

私の場合はそばにいたお姉さんに時間を聞いたのですが、もし不安な場合は腕時計をしていてもよいかもしれません(ポケットの中や腕時計などは、ロッカーに入れなくてもよいと思います)。
私の場合は腕時計ではなくスマホで時間をチェックしていたので、荷物を預けた後は時間がわからず大変でした。

 

そしてしばらくするとスタッフの方が来て、手術前の点眼麻酔をしてもらいます。
点眼麻酔も適応検査を受けるときに初めてさしたときは「しみますよ~」なんて言われて、(うわぁ、ほんとだしみる~)なんて思っていましたが、今日さした緑のキャップの目薬のおかげで、点眼麻酔は全くしみません(笑)

そのあと手術室からスタッフの方が出てこられて、名前をフルネームで言って最終確認。
そしていよいよ、手術室へGOです。

いよいよ、フェイキックICLの手術!

a172e3361c08a31a971093b7d2140bc6_s

手術室前の廊下で、目薬などの手荷物をスタッフの方に預け、アルコールで手を消毒。
そのあと、いよいよ手術室へ入ります。

スリッパを脱いで適応検査の時と同じ手術台に横たわり、(手術室は低温なので)ブランケットをかけてもらいました。
気温は具体的に何度くらいなのかはわかりませんが、私は厚手生地の長袖カッターシャツ&シーパンでしたが、ブランケットをかけてもらって丁度くらいでした。

半袖だと、少し寒いかもしれません。

 

そして、スタッフさんに目の周りを消毒してもらい、「まもなく先生が来ますよ~」と言われ、数分後には先生がいらっしゃいました。

フェイキックICLの手術開始!

先生は軽く自己紹介をしてくださったあと、「今日はこんな手術をしますよ~」とフェイキックICLについて軽く紹介してくださいました。
そのあとは目の周りをクリームで消毒してもらい、目以外が隠れる布を顔にかけてもらう。

そして点眼麻酔を両目に追加してもらった後、適応検査でも体験済みの“目が閉じにくくなる固定具”をつけてもらいます(点眼麻酔済みなので、何も感じない)。
そして片目ずつ手術を行うので、左目を布で隠した後、右目はさらにテープで目を閉じられなくなるよう、目の上下に貼りつけられます。

 

(ここで余談ですが、点眼麻酔をしてもらった後は必ず「しみますか~?」と聞かれました。
これはおそらく麻酔の効き具合を聞いていて、「しみている=麻酔がまだ効いていない=もう少し時間をとる」「しみていない=麻酔がすでに効いている=手術開始」ということだと思います。

麻酔が効いていないと大変なことになるので、少しでもしみている場合は「まだしみています」と答えたほうが良いと思います)

さて、いよいよ手術開始です。

手術は流れるようなスピード。そして痛みは無いんだけど、これがつらい…

eaf686ec10413e2d44066eb5da97676a_s

手術はいくつかの作業を繰り返しているようですが、大まかな流れは以下のようだったと思います(詳しくは覚えていないので、参考程度にしてくださ)。

  1. 洗浄液をブッシャーとかけられる(特に苦しくもなんともない/この後も、各工程ごとに何回もかけられる)
  2. 目をメスで切られた…んだと思う(何も感じない)
  3. とにかく眩しいライトを当てられ、白い点を見続けるように言われる(これがとにかく眩しい。先生も「眩しいよねぇ~」とおっしゃってましたが、とんでもなく眩しくて辛い。思わず唾をゴクンと飲み込んでしまうほど。光で苦しいことがあるんだなぁ…と思いました)
  4. 「ちょっと圧迫感あるよ~」と先生に言われ、レンズを挿入される。痛くはないが目の奥にグーッと圧迫感があり、違和感がある(でも、思っていたより何ともない。自分で目を押したほうが数倍痛いと思う)
  5. レンズを固定するためか、レンズがクルクル動く(白い光が動くので、目で追ってました)
  6. 「目を閉じて~」と言われた後、「どうだった?」「眩しかったよね~?」と声をかけてもらう
  7. 左目も、同じことをしてもらう

こんな感じだったと思います。

 

私は事前にほかのブログでも「目に圧迫感がある」と聞いていたので、てっきり先生がレンズを指か何かで上からグイグイ押すんだと思ってました。
でもそれは違っていて、ただ目の中にレンズを入れることで圧迫されるということだったんですね。

ただ事前にお話しいただいた通り、手術中の痛みは全くありませんでした。

手術時間はどれくらい長かった?

手術時間ですが、目を固定~手術終了という苦しい時間については、(体感ですが)片目で2~3分だったと思います。
本当に、とにかくあっという間に終わってしまいました。

今となっては、あっけないですね。

手術の注意点!麻酔の効きに注意

119c8603858715db0134a242465f690b_s

実は私は目を固定するテープの時に、右目は全く痛くなかったのですが、左目は少し痛みを感じました。
そして手術後に左目は右目より痛みを感じ、視力が安定するのにも時間がかかってしまいました。

これはおそらく、麻酔が十分に効いていなかったのかもしれません。
なので、途中で少しでも痛みを感じたら先生に(ちょっと痛いです)と言ったほうが良いと思います。

 

ちなみに後で詳しく書きますが、術後1時間後には両目とも痛みは落ち着いていました。
つまり痛みをずつと引きずるわけではないのですが、少しでも痛い思いをしたくないのであれば、積極的に言ったほうが良いですね。

先生も麻酔の効き具合に関しては、目で見てもわからないでしょうから。

手術中は、先生の言葉が嬉しかった

これは地味にうれしかったことなのですが、手術中の先生のかけてくれる言葉が良かったです。
私たち素人からすると、目の手術なんてとにかく不安でしかありませんよね。

ちょっとでも間があると(えっ、何か問題でも?)と思ってしまいます。

 

でも先生の場合は、何かする前に必ず「ちょっとチクッとするよ~」「もうすぐ終わるからね~」などと声をかけてくれましたし、何より「はい、綺麗に入りましたよ~」「何も問題ないですよ~」と安心する言葉をかけてくれたのが嬉しかったです。

そのおかげで、だいぶリラックスできました。

手術が終わったら、休憩所で休憩

ea0e653d9ea32cce8533b5a84c168cbc_s

手術が終わった後は、顔のテープをはがしてもらった後、近くの休憩所みたいなところまで案内してもらいます。
このとき既に、目はある程度見えるようになっていました。

休憩所はリクライニングチェアのようなものが置いてあって、そこで一人で腰を掛けます。
そして手術前に預けていた“手術後からすぐにさす目薬”を受け取り、3つさします。

そのあとは、(体感ですが)30分~1時間くらい目を閉じてました。
(寝ても良いといわれたのですが、眠れませんでした)

 

そして正直、この時間が一番辛かったです。
特に左目が痛くて、涙ボロボロで、鼻水もちょっと出て、目もあけられない状態でした。

その時は(おいおい、本当に大丈夫なのこれ…)と思いましたが、1時間くらいたった後には、痛みもだいぶ落ち着いてきました。

目が落ち着いた後は、視力検査。手術後すぐの視力は?

7d046d7f734a1b463e5d4ccc0c29ced3_s

目が落ち着いた後は手術室を出て、眼圧検査と視力検査を受けました。
ちなみに眼圧検査は目に空気をプシュッと当てるやつですが、特に痛みなどはなかったです。

そして視力検査の結果ですが、私の場合は右目1.0、左目0.7でした。
(もともとは両目とも0.02)

少し左目が悪いような気もしますが、これは手術後はよくあるとのことです。
(事実、翌日の検診では右目1.2、左目1.0でした)

 

検査が終わった後は待合室に案内されて、5分ほど待機。
そのあと名前を呼ばれて、先ほど手術をしてくださった先生に目を見ていただきました(特に問題はなかったそうです)。

そして「目をこすらないこと」「目薬をさすこと」などの指示をいただき、その日は帰宅しました。

 

ちなみにですが、当日は瞳孔を開く目薬をさあしたのが理由で、近くの文字(スマホとか)はぼやけて見えないと思います。
まぁ目を休める必要があるので丁度良いのですが、私のように田舎者でYahoo!路線で電車の乗り継ぎを調べている人は、事前に頭に入れて置いたほうが良いかもしれません。

帰るまでの移動は問題なかった?

私は過去に全身麻酔を受けたことがあるのですが、その時は帰る電車の中で倒れそうになった記憶があります。
ただ今回のフェイキックICLの場合は、何も問題なくホテルまで変えることができました(と言っても、ホテルまでは電車込みで20分程度ですが)。

なるべく早く帰宅して休むことが最善ですが、遠方の方でも大丈夫だと思います。
ただ、人込みで目がぶつからないようにだけは、注意してください。

帰宅後、大変だったことは?

IMG_20160819_180107[3]本日の戦利品です。右下は頂いた保護メガネ。

手術を受けた当日に大変だったことは、やっぱり目薬でしょうか。
当日は1時間に1回、三種類の目薬を眠る30分前までささないといけないので、リラックスできません。

でも、家に帰ったころには目の痛みはほとんどなくなっていました。

ハロー・グレア・ドライアイ、目の充血は?

00c34a0c9e02633c24455dd8221369e7_sハローはこんな感じです↑

私はてっきり目が充血しているだろうと思っていたのですが、かえって鏡を見てみるとアラびっくり。
目は全く充血していませんでした。

実際の目は、興味のある方だけ以下のリンクをクリックしてください。
ただ、わかりやすいように大きく目を見開いているので、少し怖いかもしれません。

⇒術後の目の様子はこちら

 

ただ「光を見ると、その周りに光の輪が見えるハロー」に関しては、見えました。
でもあまり気になりませんでしたし、この記事を書いている術後3日目には、確実にマシになっています。

強い光を眩しく感じるグレアやドライアイに関しては、全く感じませんでした。

おわりに

…えーと、当日はこんな感じですかね。
この日は

  • 入浴
  • 洗顔
  • 洗髪
  • 仕事
  • (女性の場合は)メイク
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 運動

すべて禁止とのことで、とにかく休む以外にすることが無かったので、テレビの音声だけ聞いてダラダラしてました。

 

この記事は手術が終わって2日たった後に書いているのですが、本当にあっけなかったです。
手術を受ける前は(目をいじられるなんてとんでもないよなぁ…)と思っていましたが、はっきり言って点眼麻酔でなんのこっちゃわかりませんし、手術自体も片目で2~3分程度。

今は両目とも視力1.0以上になってますし、普通にお仕事もできるようになりました。
目薬はこれから1か月は1日4回ささないといけませんけどね(⌒∇⌒)

 

もしフェイキックICLを考えているなら、私は自信をもっておすすめしますよ。