e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

「フェイキックICLは目をメスで切られ、そこにレンズを挿入する手術です」
そう聞いて、私もすぐに最悪のケースについて考えました(;’∀’)

間違えて目を切りすぎないだろうか…とか。
最悪の場合、失明してしまうんじゃないか…とか。

 

どうしても気になったので、神戸神奈川アイクリニックの先生に聞いたことがあります。
そこで個人的には安心できる結果を聞けたので、あなたにもシェアしたいと思います。

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

フェイキックICLで失明した例は無し。そもそも…

結論から言うと、フェイキックICLで失明してしまった例は一件も無いそうです(ICLは世界ですでに60万人以上が手術を受けています)。
なので失明に関しては、まず心配する必要ないとのことです。

というのも、視力に関係するのは網膜や視神経らしいのですが、レンズを挿入するのは虹彩と水晶体の間なので、2つは全く違った場所にあります。
まともな医者なら、まず間違って視力に影響する部分まで切ってしまうことはないとのことです。

http://homepage2.nifty.com/kaitsuka/oculus.html
http://homepage2.nifty.com/kaitsuka/oculus.html

私たち素人からすると目は一つのパーツに過ぎませんが、視力に関係ある部分・ない部分いろいろあるということですね。
そしてフェイキックICLの手術は、視力には関係ない部分を手術するということです。

フェイキックiolやホールiclの失敗が怖い人も、そこまで心配しなくても大丈夫だとは思います。

ただ、フェイキックiclやフェイキックiolは、感染症の危険性には注意

一方で、感染症には注意が必要とのこと。
もちろんこれまで失明された方がいないので、本当によっぽどのことがないと問題ないのですが、「どうにかしてICLで失明させよう」となると、感染させるしか方法がないので。

手術後にもらえる目薬をちゃんとさせば、まず問題ないです。
1日4回、朝・昼・夕方・夜を1か月間ささないといけないので少し大変ですが、ちゃんとさしてくださいね(⌒∇⌒)

 

いずれにせよ、ICLで失明のリスクはありません。
それにレンズも取り出して元に戻せるので、手術リスクは…お金くらいじゃないでしょうか(;’∀’)