343361

フェイキックICLの手術を考えている方の中には、過去に美容整形をしたことがある人もいるでしょう。
具体的には、埋没法・切開法の二重整形手術や、眼瞼下垂の手術、または鼻など他の顔の部位かもしれません。

こうした整形手術の経験があると、

  • フェイキックICLの手術を受けられるのか
  • 手術を受けるときに整形していることがバレないか

などが気になるかもしれません。

 

その件について、この記事でご紹介しますね。

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

整形していても、フェイキックICLの手術はできる。でも…

522936

仮に整形していても、整形した後に日常生活が送れるほど落ち着いているのであれば、ICLの手術は受けられます。
明らかに整形されている芸能人の方でも、ICLの手術を受けている方はたくさんいますからね。

一方で、目の状態がまだ安定していない場合は、手術は受けられません。
というのも、ICLの手術は

  • 目を大きく見開く必要がある(適応検査や、目薬をさすときに)
  • 目の周りにグリグリと洗浄クリームを塗られる(手術の時)
  • 目が閉じられなくなるほど、テープで張り付けられる(手術の時)

といったことが必要になりますから、傷がまだふさがっていないのであれば、開いてしまう可能性は十分にあります。

 

なので、目の整形をされている方は、傷跡が開かないほど回復してからICLの手術を受けてくださいね。

鼻など、ほかの整形は?

一方で鼻や顎(あご)など目以外の顔の整形手術に関しても、可能であれば完全に治ってからが良いです。
ただICLの手術で、目以外を触られることはありません。

なので、個人的にはまだあんまり安定していない時期に手術をしても、問題ないと思います。
(不安なら、お医者さんに聞いてみてください)

フェイキックICLの手術で、整形がバレることはある?

日本では整形は一般的ではありませんから、たとえ病院の先生でも知られたくないかもしれません。
でも、ご安心ください。

フェイキックICLの手術ではレントゲンなども取りませんし、わざわざ整形しているかどうか聞かれることもありません。
隠そうと思えばいくらでも隠せるので、ご安心ください。