087415

ほぼリスクが無く視力が回復できるフェイキックICLですが、実は未成年や学生さんも受けたいという声が多いんですよ。
事実わたしが手術を受けた神戸神奈川アイクリニックでも、学生さんがいらっしゃってました。

では、何歳からフェイキックICLの手術を受けることができるのでしょうか?

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

フェイキックICLの手術は18歳以上で、未成年でも受けられる!でも…

日本眼科学会いわく、フェイキックICLの手術が受けられるのは、18歳以上の方です。
残念ながら中学生や17歳未満の高校生は受けられません。

大学生なら、問題なく手術を受けられますよ(^▽^)

ただ、未成年の場合は親の同意書、そして同伴が必要

IMG_20160824_141515_HDR

ただ20歳未満の未成年の場合は、上のような同意書で親に同意してもらわないといけません。
また初めて病院に行く初診時や、手術を受ける当日は親と一緒に病院へ行かなくてはなりません。

未成年の場合、親に内緒で手術するのは不可能なので注意してくださいね。

 

また未成年ではなくても、支払いに親のクレジットカードを使う場合には、親についてきてもらう必要があります。

ちなみに、視力はいつまで下がるの?

ちなみにですが、学生が視力回復手術を受ける話をすると必ず「若いうちに手術を受けても、どうせ下がるから無駄」とおっしゃる方がいます。
確かにその通りなのですが、視力は25歳…下手すると30歳まで下がるものなのですよ。

さすがに30歳までは我慢できませんよね。
つまりいつ手術を受けようが視力は下がるものなので、個人的には同じだと思います。

 

ちなみに神戸神奈川アイクリニックの場合、ICL手術をした3年以内であれば、無料でレーシックで追加矯正することができます。
それにそもそも、ICLはレーシックと違ってレンズを入れ替えれば、何度でも視力を回復させることができますから。

メガネやコンタクトなしで見える生活は、快適ですよ。
保険が効かないので手術費用は高額ですが、分割払いもある(月々35000円程度まで安くなる)ので、お金が払えるのであれば、手術を受けることをおすすめします。