156eef33eed3afa397517d3e8aee6944_s

手術を受ける場合、どうしても影響してしまうのが飲酒と喫煙です。
というのも、この2つは傷の直りが遅くなってしまうんですよ。

では、フェイキックICLの場合、お酒やタバコはどれくらい影響してしまうのでしょう?
また、いつから中止して、またいつから再開できるようになるのでしょう?

 

この記事で、ご紹介しますね。
ヘビースモーカー、酒飲みの方は必見です(⌒∇⌒)

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

手術の前日から、飲酒は禁止。当日からは…

タバコは手術の前日は吸ってよいのですが、お酒は禁止です。
お酒のほうが、影響が強いのかもしれませんね。

そして手術の当日から3日間は、飲酒・喫煙ともに禁止です。
ただ手元の資料には「当日は控えてください。できれば3日間は控えてください」と書いてあるので、付き合い程度では翌日から飲んでも良いのかもしれません。

 

ただ傷の直りが遅くなると、ほかにもいろいろと出来ないことが長引くんですよ。
例えば重いものを持つ行為も傷の治りが遅くなるので1週間禁止されているのですが、飲酒して傷の直りが遅くなるということは、1週間以上重いものが持てなくなるということです。

できれば3日間、頑張ってください!