img_20160914_145616

こんにちは!
今日は神戸神奈川アイクリニックでフェイキックICLの手術を受けてから一か月経ったということで、また例のごとく検診に行ってきました。

かかった時間は、わずか15分!(笑)
でも、予想と違ったこともあったので、よかったら読んでくださいね。

スポンサードリンク
メガネやコンタクトなしで、よく見える!?

そのまえに…手術を受けてから一か月間の見え方について

9acd87c7197e7988714bf0a6d3d55491_s

検診の内容についてご紹介する前に、手術をしてから一か月間の目の異変(あれば)や視力の安定度について触れようと思います。

 

目の見え方ですが、手術をしてから一週間直後くらいは、寝起きにスマホと焦点が合いにくいことが少しありました(遠視みたいな感じで、近くで見るとぼやけて見える)。
ただそれも、二週間たったあたりから無くなりました。

痛みに関しては、こちらも手術をして一週間たったくらいの頃は、たまに目の奥がグングン?とした違和感を感じることも少しありました。
こちらも、1週間経ったくらいにはなくなりました。

つまり、手術をしてから2週間もたてば目に異変も無くなりましたし、手術を受けたことも忘れるほど、見えるのが普通の状態になりました(笑)

 

もう、町を歩くのが楽しくなりましたね。
遠くの看板も目を細めずに見えるので、頭に情報が入ってくるスピードが速いんですよ。

パッと理解できるのは、なかなか爽快です。

 

それにコンタクト時代と違って、一日中目が潤っていて乾燥しないのがいいですね。
私の場合は午後になると目が乾燥してパシパシしてきて、瞬きするとコンタクトレンズが外れそうになることもありました。

今は朝起きても、寝る直前も、視界がクリアなのが良いですね(⌒∇⌒)

一か月後の検診内容は?

IMG_20160825_114416

今日はクリニックに到着すると、いつも通り診察券を受付に渡して、待合室で待機。
待つこと1分、番号を呼ばれて奥の検査ゾーンへ。

今日も視力検査と乱視の検査、目に風をプシュッ!と当てる検査、そして初めて細胞の数を調べる検査をしました。
とはいっても私たちがすることは、いつも通り機械にアゴを乗せてオデコをくっつけるだけです。

痛くもかゆくもないので、何も意識しなくていいと思います(今後も1年ごとに、この検査をするみたいです)。
ちなみに視力ですが、特に変わりはありませんでした(右1.5、左1.2程度)

 

そのあとは再び待合室に戻り、お医者さんに直接見てもらいます。
そのあと受付に呼ばれ、次回の予約をするのですが…。

手術を受けて一か月以降も、目薬が必要だった!

img_20160914_180259 img_20160914_180255

はい、ガッカリ(笑)
まぁ私が勝手に勘違いしていただけなんですけどね。

目薬の種類は2種類に減り、回数も3回に減りましたが、まだ目薬はささないといけないみたいです。
この量だと途中でなくなると思うので、さすがに今回で最後だと思いたいのですが…。

 

それではまた2か月後、お会いしましょう。
また何か聞きたいことがあれば、「お問い合わせ」からメッセージをくださいね。

img_20160914_180346